眼精疲労の原因は、以下の通りでしょう。 ・視力の低下 ・目の病気 ・体の病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです) ・目の酷使 ・精神的(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです) 視力が低下するとピントを合わせるのに苦労するので、目が疲れてしまいます。 度数が合わないメガネやコンタクトレンズの使用も、眼精疲労を生む原因です。 ドライアイ、緑内障、白内障、眼瞼下垂という目の病気(先天的なものも少なくないでしょう)が原因となる場合もあります。 また、眼病だけで無く、更年期障害や風邪、インフルエンザ、自律神経失調症など、体の病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)が要因で眼精疲労(眼精疲労と眼疲労は違うそうです)が起きるケースも珍しくありません。 テレビやパソコン、スマホなどの画面をみる時間が長かったり、読書を長時間することで、目を酷使してしまうのも発症原因の一つです。 それに、精神的なストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)が原因で眼精疲労(眼の使いすぎだけでなく、ストレスが原因になることもあります)を引き起こすこともあります。 眼精疲労を引き起こす原因として、こういったことが考えられるので、該当するものがないか確認してみましょう。 時には複数の原因によって起こることもありますから、あてはまりそうなものは改善してみるといいでしょうー